2017年7月25日火曜日

雑誌「BiCYCLE CLUB」掲載のお知らせ

2017年7月20日発売の雑誌「BiCYCLE CLUB」2017年9月号 No.389(枻出版社)においてCOLNAGOのバイクが掲載されましたので、お知らせいたします。

今号の特集は「2018年最新ロードバイク大図鑑」。COLNAGOは、V1-rの軽さやディティールを踏襲しながら「空力性能」「剛性」をさらに向上させたV2-Rが紹介されました。



誌面で紹介されたモデルはこちら。

V2-R *2018年モデル
V1-rのディティールを踏襲し空力、剛性をさらに向上させたモデルがV2-Rである。フレームの各部を強化したうえで重量増を抑えたコルナゴ最軽量モデルはヒルクライムには最高のバイクとなる。完成車重量を6㎏台に収めることは容易でありこの軽さは最大のアドバンテージである。V1-rからの比較ではBB周辺の剛性を13%、ヘッドチューブ下部の剛性を4%、それぞれに向上させている。また振動吸収を担うシートポストはカムテイル形状のままで、気流の乱れが発生しやすいシートクランプをインテグレーテッドタイプに改良した。それに伴いシートチューブ上部のボリュームを増し、流麗なディティールを醸し出している。BBはコルナゴのハイエンドモデルに搭載されるスレッドフィット82.5を採用。レースでの使用を前提としたモデルには必要なシステムである。コルナゴ・コンセプトで人気を博しているブラック/ゴールドカラーをV2-Rにも採用し、塗装はC60などと同じくイタリアのパマペイント社にて施工。マットレッドのみ完成車販売となる。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S / 560S / 580S
Color:TNMR、TNDK、TNRD、TNBK、TNWH

誌面掲載Color:TNMR(マットレッド)


連載コーナー「ロードバイク 一人旅」では富士山のふもとの港町、沼津の魅力を凝縮した1白2日の旅記事でC-RS 105が登場。紹介されているサイクリングロードはとても走りやすそうですね。





誌面に登場したモデルはこちら。

C-RS 105 *2017年モデル Link → スペック等詳細
最先端のソリューションと最新のデザインは、60年以上培った哲学からくるものと自負する。すべてのケーブルルーティングを内臓化させ、前面投影面積を減らすことによる空力を計算。様々なサイクリストの要求にバランスよく応えるべくアッセンブルされたパーツ類。まさにオールマイティーなコンプリートバイクである。
Frame size:420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S
Color:CRIT / CRBB / CRRW

誌面掲載Color:CRIT(ホワイト)


*誌面の詳細については書店にて「BiCYCLE CLUB」2017年9月号 No.389をお買い求めの上ご覧ください。

2017年7月7日金曜日

2018年モデル Mondo2.0 先行発売のお知らせ

2017年モデルとして発売され人気沸騰中のアルミコンプリートモデル「Mondo2.0」がカラーバリエーションを刷新。COLNAGO2018年モデルとして先行販売しますので、お知らせいたします。


Mondo2.0 TIAGRA
マテリアルはアルミトップグレードに採用される軽量かつ剛性の高い6011番を使用。フレームはハイドロフォーミング製法で成形され、溶接部はスムースウェルディング加工により美しい仕上がりを実現。リーチとスタックを基調とした新サイズ展開によりこれまで以上に適正サイズの提供が可能。最小サイズの400s(トップチューブ長500ミリ)の登場により身長150cm台の方にも無理なく乗っていただける。サイズ数はエントリーモデルとしては豊富な7サイズ。日本限定企画モデルで2カラー展開。10スピードモデルのSHIMANO TIAGRA仕様。

Size:400s / 430s / 460s / 490s / 520s / 550s/ 580s
Color:M2BL/M2WH
150,000円(税抜、完成車価格)

*先行予約開始 7月8日
*発売開始時期 8月初旬予定

M2BL(ブルー)
 
 
M2WH(ホワイト)
 
 
 
 
Mondo2.0 SORA
 マテリアルはアルミトップグレードに採用される軽量かつ剛性の高い6011番を使用。フレームはハイドロフォーミング製法で成形され、溶接部はスムースウェルディング加工により美しい仕上がりを実現。リーチとスタックを基調とした新サイズ展開によりこれまで以上に適正サイズの提供が可能。最小サイズの400s(トップチューブ長500ミリ)の登場により身長150cm台の方にも無理なく乗っていただける。サイズ数はエントリーモデルとしては豊富な7サイズ。日本限定企画モデルで2カラー展開。9スピードモデルのSHIMANO SORA仕様。
 
Size:400s / 430s / 460s / 490s / 520s / 550s/ 580s
Color:M2BK/M2WT
130,000円(税抜、完成車価格)


*先行予約開始 7月8日
*発売開始時期 8月初旬予定





M2BK(ブラック)

 
M2WT(ホワイト)
 
 
 
*詳しくはコルナゴ正規代理店までお問い合わせください。
 

2018年モデル A1-r 先行販売のお知らせ

2017年モデルとして発売され人気沸騰中のアルミコンプリートモデル「A1-r」がカラーバリエーションを刷新。COLNAGO2018年モデルとして先行販売しますので、お知らせいたします。

 
A1-r 105
 高いパフォーマンスレベルに達するため登場したアルミコンプリートモデル。昨今におけるロードバイクの機能を徹底的に研究し、コルナゴの伝統的なレース走行を基準として設計されている。軽量アルミチューブを四角形に成型することにより、軽快な乗り味とペダルパワーを余すことなく路面に伝えるダイレクト感を実現。カーボンフロントフォークを採用し、ダンシングした際のスムーズな推進力を生むと同時に、路面からの衝撃を和らげライダーの走りを助ける。パイプの接合部はスムースウエルディング加工により溶接痕を限り無くし美しく仕上げた。27.2 mm サイズのシートポストは軽量性と振動吸収を担う。SHIMANO 105を搭載したコストパフォーマンスに優れるモデルで、鮮やかに彩られた別注の3カラーを展開。
 
Size:400s / 430s / 460s / 490s / 520s / 550s/ 580s
Color:AJBR/AJGB/AJWN
185,000円(税抜、完成車価格)
 
*先行予約開始 7月8日
*発売開始時期 8月初旬予定



AJGB(ガンメタリック)

 
 
AJWN(ホワイト)
 
 
 
AJBR(ブラック)
 


 
 
 
*詳しくはコルナゴ正規代理店までお問い合わせください。


2018年モデル C-RS 先行販売のお知らせ

2017年モデルとして発売され人気沸騰中のカーボンコンプリートモデル「C-RS」がカラーバリエーションを刷新。COLNAGO2018年モデルとして先行販売しますので、お知らせいたします。

 

C-RS105/ C-RS ULTEGRA
コルナゴラインナップの中核を担うカーボンコンプリートモデル。エアロシェイプされたディティールの中で際立つのがダウンチューブ。マスターと同じようなパイプを角断面化させ、ラウンドパイプに比べ剛性を増している。標準では25Cが装着され、最大で28C幅のタイヤが装着可能。27.2 ㎜のシートポストは適度なしなりを生み振動吸収性に貢献している。オプションでリリースされているカーボンシートポストに変更すればさらに快適性を増すことが可能である。ワイヤー類をインターナルルーティングとし外観をすっきりさせアエロ効果も高めてる。最大の特徴はアワーグラス形状のヘッドチューブにあり、前面投影面積を減らすことと整流効果に成功している。C-RSは最先端のソリューションと 創業60余年の歴史的ブランドがなす技術を集約した逸品。別注で3カラー展開。

Size:420s / 450s / 480s / 500s / 520s / 540s / 560s / 580s
Color:CRJK/CRJB/CRJW
270,000円(税抜、完成車価格)105仕様
330,000円(税抜、完成車価格)ULTEGRA仕様

*先行予約開始 7月8日
*発売開始時期 8月初旬予定

CRJK(ブラック/レッド)

 
CRJB(ブルー)
 
 
CRJW(ホワイト)
 
 
*詳しくはコルナゴ正規代理店までお問い合わせください。